toggle
Apr 5, 2017

映画館でバレエ・その1

この後ろ足、ナンですか?

(PCあったかくて気持ちいいの・・・)

ニャンコを尻目に3月は飼い主にとって観劇月間でしたが、観劇出来るのは劇場とTVだけではありませぬ。

てことで、セルゲイ・ディアギレフ生誕145周年記念特別上映と題して

TOHOシネマズ日本橋と梅田にて1晩限りで上映された、

パリ・オペラ座「バレエ・リュス」100周年記念公演(2009年にオペラ・ガルニエで上演)を鑑賞してきました。

(こちらTOHOシネマズでは1日限りでしたが、4/8から吉祥寺オデオンで1週間上映されるようです。)

なんだか100周年だとか145周年とかややこしいですが、グーグル先生もディアギレフのお誕生日をお祝いしてましたね。

 

1909年に設立されたバレエ・リュスは、ロシアから当時のヨーロッパのバレエ界に斬新といえる表現でムーブメントを起こし

大きな影響を与えたバレエ団、その総合プロデューサー・主宰がセルゲイ・ディアギレフ(1872-1929)です。

ディアギレフはピカソ、マティス、シャネルなどの偉大な芸術家・表現者たちとともに、新しいバレエのありかたを創造していきました。

バレエファンにはおなじみですが、そうでない人でも

バレエ・リュスの名ダンサー、ヴァツラフ・ニジンスキーの名前は聞いたことがあるかもしれませんね。

今回は、ニジンスキーとバレエ・リュスの黄金期代表作といえる「薔薇の精」「牧神の午後」「ペトルーシュカ」、

そして舞台・衣装がピカソで有名な「三角帽子」の4本立て

このそれぞれの作品の間に流れる映像も舞台同様に何層にもなっていてオシャレなんですーー。

(dailymotionより)

さて本編ですが、まず薔薇の精

舞踏会から帰ってきた少女がその日胸につけていた香り豊かな薔薇。

その薔薇の精との夢の中でのひとときを描いたロマンチック&ちょっとセンシュアルなこのストーリー、

登場人物がふたりだけなこともあるのかガラ公演でも人気演目のようで、たびたび観る機会があります。

飼い主はこの薔薇の精が、音楽も振付もだーーーーーーい好き!なのですが、

これまでこの情熱的な思いを満足させてくれる薔薇の精ナンバーワンは、ウラジミール・マラーホフ

映像があんまりよくないですが、そのアームスは匂い立つような官能感に満ちています。

他にちょっと憂いをおびて端正なオペラ座元エトワール、マニュエル・ルグリの薔薇の精

ルグリ先生はちょっと端正すぎて個性が弱いというかあまり官能的な感じがないんですが、とにかくムーブメントが美しい

他に違いのわかる男、熊川哲也氏の薔薇の精も日本人としてはめずらしいキャラクターがあって好きなんですよねー。

さて、飼い主のその狭量ともいえる理想の薔薇の精ランクにてトップクラスに躍り出たのが

今回の映像で踊っている現エトワール、マチアス・エイマン

先日のパリ・オペラ座来日公演でも、いま観るべきキャリアの絶頂期にある、と観た人々を興奮させた彼の薔薇の精は、

まさに匂い立つようなその官能感・人外の軽やかさが、映画館の大スクリーンいっぱいに映し出されて鼻血出そうに興奮しました!!!

ブラボーブラボー!マチアス!ハラショーーーー!

(思うに薔薇の精はちょっとクセの強いルックスの方がいいのかも。)

お相手のイザベル・シアラヴォラは少女と言うにはだいぶ成熟感強いですが、

あいかわらずの美しい脚が音楽を奏でる様子を堪能出来ました。引退後は観る機会がなくて残念だなぁ。

それにしても薔薇の精の衣装ってバレエ団によってまちまちで、けっこう貧相で散るところ?!みたいなものもあるのですが

さすがパリ・オペラ座、お金と手間を惜しまないその豪華さは興ざめポイントゼロでほんとにウットリしましたよ。

お次は牧神の午後ドビュッシーの美しい旋律が流れる中、ニジンスキー初めて振付をしたというこの演目は

まるで壁画から抜け出してきたような、今見てもモダンだけれど当時としてはそうとうにコンテンポラリーで

いわゆるバレエの文脈とは一線を画した斬新な踊りによって構成されています。

牧神が岩の上で葡萄を食べていると7人のニンフが現れ水浴を始める。

欲情した牧神は岩から降りニンフを誘惑しようとするが、ニンフ達は牧神を恐れて逃げ出してしまう。

ひとり残された牧神はニンフの一人が落としたヴェールを拾い上げると、それを岩に敷き、自らを慰める。”(wikiより)

マラルメの詩「半獣神の午後」をベースにしてはいるものの衝撃的なラストに、上演当時は大変物議をかもしたよう。

飼い主、ストーリーをくわしく理解せずに昔初めて見たときは、ラストはニンフに去られて牧神が悲しんでいるだけかと思いましたが

そこらへんはもしかしたら当時とくらべて表現がマイルドになっているのかもしれませんわね。

その牧神を踊るニコラ・ル・リッシュ、このちょっと粗野?な役がよく似合うのです。

日本ではあまり見る機会のないエミリー・コゼットは、たたずまいがたおやかでニコラといいコントラストのニンフ役でした。

続きまして、三角帽子。この舞台、美術・衣装ともにピカソが手がけており、たいへん興味深い演目なのですが

どうもわたくしスペイン・アンダルシアの民話がベースのストーリーのせいなのか、レオニード・マシーンの振付が肌に合わないのか

コレ見るとなぜかウトウトが止まりません!

衣装も華やかだし踊り的見どころもあるんですよ、DVDも持ってるのに最後まで通しでちゃんと見られたことがないという・・・(汗

衣装は華やかで、数年前のバレエ・リュス展を思い出させますね。

 

ジロとジョゼ(どちらもclassictoulouse.comより)

ウトウトはしてましたけど、やっぱりジョゼ・マルティネスのフラメンコ!ここは目が覚めます!

スペイン出身のエトワールでオペラ座引退後はスペイン国立ダンスカンパニーの芸術監督をつとめる彼ならでは、です。

フラメンコだけれど、バレエのもつ優美さも見え隠れする踊りはカッコいいーーー。

たいする現エトワールのマリ・アニエス・ジロ姐さんの粋なステップも大変盛り上げてくれたのに・・・。

うぅ・・・ピカソごめん

最後はペトルーシュカです。20世紀を代表する作曲家イーゴリ・ストラヴィンスキーの音楽が華やかで軽快に流れるなか、

感情を持って恋をしてしまった人形の切なく哀しいストーリーが展開され、その対比が哀れさをいっそう引き立てます

ペトルーシュカ自身は、独自の人形感たっぷりの動きを見せますが

それ以外の登場人物はロシアの民族舞踊が多用されていたり、ペトルーシュカが恋するバレリーナ・恋敵のムーア人(どちらも人形)

古典のくるみ割り人形でもおなじみのパ(動き)が散見され、ペトルーシュカの独自性が浮き立って見えるように思います。

また、この楽曲はストラヴィンスキーの代表的3大バレエ音楽のひとつですが

当時ドライで痛烈でグロテスクと酷評されたようですけど、それだけ人の琴線にふれる旋律と構成なんじゃないでしょうか。

飼い主も、聞いてると不安定さも感じるその構成に気持ちがザワつくのがたまらなく、好きです。

バンジャマン・ペッシュの濃厚な演技力はペトルーシュカ役と相性もよく、

音楽的なクレールマリ・オスタの愛らしいバレリーナとともに、人形の哀しみと恋の理不尽さを印象づけていました。

しかしムーア人の描き方が、メイクといいちびくろサンボがダメな時代にはけっこうドキドキする表現・・・。

あえて人形性を強めたメイクや乱暴さにしているのでしょうけどね。

ペトルーシュカ以外は2010年にNHKのBSプレミアムシアターで放映されたので見たことをおぼろげに記憶しているのですが、

なにせスタートが超深夜でウトウトしながら録画もせずでした。もったいなかったな・・・。

しかしなんといってもイザベル、ニコラ、ジョゼ、バンジャマン、クレールマリなど

ここ数年で引退したエトワールたちの踊る姿が大スクリーンで見られたことは嬉しかったですね〜。

オマケはハモンのベロリンちょ。

 

Mar 28, 2017

ひさびさの歌舞伎

春眠、暁を覚えず・・・ウトウト。気持ち良さそうだねー

そんな気持ちよく眠るニャンコたちをよそに

このあいだの週末、飼い主はひさしぶりの東銀座の歌舞伎座へ三月歌舞伎を観に行ってまいりました。

ふだんダンス系の舞台見るので経済的にも時間的にもイッパイイッパイなので

歌舞伎にまで手を出してはならぬ、と戒めており

数年にいっぺん見るかどうかの超少ない鑑賞経験のド素人なのですが、

その数少ない経験の中であまりのカッコよさにひとめぼれした片岡仁左衛門

が平知盛を演じる「義経千本桜・渡海屋 大物浦」が何やらスゴいというではありませんか。

仁左衛門サマ、かつて片岡孝夫の名前だったころ地上波によく出演されていたのでコドモの頃から時々お姿を見ておりましたが、

正直言って柔和な顔の地味なオジさんよね(ホントすみません)というくらいの印象でございました。

歌舞伎人より。(比較的最近のお姿。とても品のあるお方だと思いますよ、えぇ)

それが大人になって初めて、坂東玉三郎と共演の「櫻姫東文章」で舞台に立つ彼を見たときの衝撃と言ったら・・・!

なんだこの色気なんだこのイケメンぷり、もう脳天突き抜けましたよーーー!!!

(桜姫・権助の時のいい写真なかった・・・しかしお年を召そうが、ほっかむりしようが、にじみ出るものがあります)

その仁左衛門サマも御年73歳になります。もう今のうちにその姿拝んどいた方がいいな

人間何があるかわからないし(ホントすみません)と駆けつけました。

というわけで、この日は3演目ありまして「義経千本桜」は2番目の上演だったのですが、

まずはこの感想からスタートです。

いやもう、ほんっと観られてよかった!!!!!

ストーリーも付け焼き刃、寝坊してグシャグシャの頭のまま歌舞伎座行く電車の中で必死で調べて

やっと内容理解するくらいの適当さで臨んだんですけどね。

ストーリーは”壇ノ浦で滅亡に至ったはずの平家だが、実は平知盛は生きており平家再興を狙っている”というタラレバなお話ですが、

前半は壇ノ浦後に船宿・渡海屋の主人に身をやつし、幼い安徳帝をかくまいながら暮らす知盛のもとに

頼朝に追われて西に落ちのびようとする義経の一行がやって来たことにより戦をしかけるタイミングを伺うくだり。

気っぷが良くて色気がある主人、コレよ、この仁左衛門サマよーーー!と想定内で観ておりました。

後半わざと嵐の日の舟に乗せて戦をしかけたものの、その正体に気づいていた義経たちに返り討ちにあってしまった

知盛は、すさまじい執念・怨念の鬼と化します。

とてもこんな稚拙な文筆でその様子を表現するのは申し訳ない、口惜しい、無念、こちらも怨念の鬼になりそうなんですが続けます。

仁左衛門サマが身を削るかのように全身全霊でこの歌舞伎界屈指の大役を演じている、

その鬼気迫る迫力、筆舌につくしがたい凄みが、1階奥の2等席にもガンガン伝わってきて震えました。

なかでも全身血だらけで息も絶え絶えな中、ひりつくように乾いた喉をおさめるために

自分に刺さった矢を抜いてその血を舐める、壮絶すぎるあのシーン忘れられません。

ひぃぃ 今書いていても思い出されて怖いーーー。

この白い衣装がこのあと真っ赤に染まるのであります。(朝日ニュースより)

自身の内からにじみ出る、こういうのを至芸っていうんだろうな・・・と少ない歌舞伎経験でも感じました。

これは ”今の仁左衛門の知盛” なのでしょう。

というのも、わたしの過去観た仁左衛門サマの演技というのは感情にまかせて演じているというよりは

伝承されたものとおそらくご本人の研究の賜物から現れるというか、

たとえイナセな役であろうと知性と品が感じられるのが個性でいいなぁと思っていました。

しかしこの日観た仁左衛門サマからはもっと感情のほとばしりのようなものが感じられたのです。

はーーー それにしてもこの2時間近い演目+演者のパワーで、観ている方まで気力体力使いすぎてグッタリです。

このあとの演目、周辺の客席は帰ってしまった人たちもそこそこいたのですが、その気持ちわかります・・・

疲れて 帰っちゃってもしかたないわ、これは。

で、気持ちが落ち着いたところで他の2演目です。

1番目:「明君行状記」は明君と評判の殿様と殿様のかわいがる遅い反抗期真っ盛りの若者の、

現代にも通じるようなテンポのよいやり取りが楽しめ、亀三郎と梅玉を堪能しました。

3番目:「神楽諷雲井曲毬(どんつく)」は3回忌をむかえる故・10代坂東三津五郎の追善狂言とのことで

長男の巳之助を中心に、尾上菊五郎・中村時蔵・尾上松緑・市川海老蔵も出演し、みなが踊る楽しくて豪華な演目。

凄まじい義経千本桜のあとに江戸に暮らす人々の様子が垣間みられる陽気な舞踊を観るのは

肩のチカラがぬけてよかったですねー。

(中央:巳之助/iza.ne.jpより)

巳之助は踊りがうまいけど、「義経千本桜」で演じた相模五郎の目を惹く魅力的な演技もとても良く

華を感じる役者さんだなーとファンになりましたよ。

そしてあいかわらず歌舞伎の舞台での華とイケメンぶりが突出していて、どこにいてもすぐわかる海老蔵

彼のハマリ役「助六」を観るために夜公演のチケットも取るべきであった・・・と

ちょっぴり後悔して幕を閉じた飼い主3月の歌舞伎鑑賞でしたー。

 (ちょっと週末も出歩きすぎでウチ散らかってない?アタシそういうのイヤなのよねー)

お気に入りのキャンプマットの上でジャラシをキャッチ。

うん、確かにウチ散らかってるね・・・でもこれは飼い主♂のせいなんだけどね。

Mar 15, 2017

ミュシャ展を楽しむ

ここのところ気持ちの重くなるような仕事をしていないせいか、フットワークの軽い飼い主♀です。

てなことで、今日はミュシャ展

ネコ話しようと思ってたのですが、すこしでも早くこれから行くみなさまのお役に立てれば。

(あっ、やめてカタログに乗らないでー)

(じゃあこんなとこ置かないでっ!ジャマよっ!)

3月8日にスタートして、さっそく国立新美術館のチケット売り場がもうトグロ巻いてるらしい!とか

早くしないとTV放映後は、あの記憶に新しい若冲展の狂乱みたいなことになっちゃうかも!とか

SNS上でドキドキするようなコメントが散見されたので、とにかく大慌てで行ってまいりました。

せっかく近くに勤めているんだから平日行かなくてどうする!と月曜の15〜17時と実にハンパな時間に行ったおかげで

ほどほどの人出で鑑賞できましたね(ちなみに火曜は休館日です)。

今後混雑状況は変わるでしょうが、作品が巨大なので中はそこそこ混んでてもぜんぜん気にならないです。

Twitter上で先に行かれた方々が、とにかく入場券買うだけで大行列なので

「必ずチケットはオンラインで購入していくべし」とのありがたい教えを授けて下さり、

チケット売り場が行列しているのをシリ目にスムーズに入場。

また、観劇クラスタの方がとにかく作品が巨大なため(2度目)オペラグラスがあるといい」との教えを

発信されているのもチラ見したため、バードウォッチングばりの双眼鏡を持参しました。

(ふだんはこれで貧民席からもお気に入りのダンサーをでっかく見る)

おかげで今回の目玉のスラヴ叙事詩は6×8mの大作がメインですが、そのはしっこにいる人物までピントばっちり。

まぁもともと絵ってヒトの視点から遠ざかるところは遠近効果のためにあまり描きこんでないもんだし、

必要ないんじゃないかなーなんて思ってたんですけど、まったくもって甘かったですミュシャ。

双眼鏡使ったら全然見えてなかったことがよくわかりました。教えてくれた方ブラボー。

ミュシャはオーストリア帝国領モラヴィアに1860年に生まれ、パリに渡ってからポスター制作などで活躍した実績が有名ですが

アメリカ滞在時にボストン交響楽団のコンサートでチェコ出身の作曲家スメタナの「我が祖国」を聴き、

スメタナの代表作でもあるこの作品に込められた故郷への想いに触発され、

スラヴ民族の歴史を描くこの『スラヴ叙事詩』を制作することを決意したと言われています(wikiより)

その後アメリカの富豪チャールズ・クレーンから金銭的な援助を受けられることになったため、

人気グラフィックデザイナー&画家としてのパリの暮らしをやめて祖国に戻り、晩年の約20年をこの作品に捧げました。

それにしても素晴らしいです、スラヴ叙事詩。

培われた技術に成熟した思想をともない、集大成とはこういうことを言うのだ

と感動しました。

ちなみに会場ではオーディオガイドがありますが、迷われてる方はオススメです。

巨大な作品にいちいち近寄って解説読まなくていいし、

なんといっても解説ナレーションの背景に、このスメタナの「我が祖国」が流れるんです。

めっちゃ気分が盛り上がります

また一見、このスラブ叙事詩はいわゆるミュシャの平面的なポスターで見られる技法に比べると

非常に絵画的でけっこうタイプ違うよねって思われる方もいるかもしれないけど、

構図はかなりグラフィックポスター的なところがありますし、

バードウォッチングな双眼鏡のおかげでミュシャらしいと思えるグラフィックエッセンスをあちこちに確認出来て、

グラフィックデザインを学んだ自分としてはなかなか興味深かったです。

それ以外にミュシャの有名なパリ時代の作品たちや、パリ万博でスラブパビリオンをトータルプロデュース制作したり

演劇を演出した軌跡も、わりとあっさりではありますが展示されています。

(これは4つの芸術を擬人化したシリーズのひとつ、”ダンス”)

わたしがスラヴ叙事詩全作品通して感じたのは、ミュシャの描く女性達の戦火のなかにあっても

なお先を見つめるような視線の強さでした。(この写真は女性じゃなく若き日のミュシャ)

また歓び、虚無感、希望、絶望など激動の時代の様々な感情が絵の中の様々な人によって語られており、

誰が見ても必ずその中のひとりに感情移入してしまうでしょう。

(最後の部屋だけ撮影可です。でも撮影不可なものの方が好きです・・・)

見終わってしみじみ思ったのは

自分の晩年に次世代に伝えるべき確固たるものをもち、それを全うできた表現者は幸せだ、ということでしょうか。

自分のこれからの人生で何が出来るのか考えてしまいました。

(追記:3/16放映のNHKのミュシャ特集で、このスラヴ叙事詩などがきっかけで

過剰な愛国主義者としてゲシュタポに捕えられ収容所での悲痛な最晩年を送ったという映像がありました。

そういう意味では「幸せ」という言い方は適切ではなかったかもしれません。

それでもこの活動で、自分の人生を自分自身が信じることが出来たのではないかなと感じました。)

(ジョニーはゴハンを食べてよく寝る人生がシアワセだよ)

Mar 10, 2017

デヴィッド・ボウイ展

ちょっとアンニュイなジョニー。やっぱり一眼レフはニュアンスが違う・・・

(背景にわたしの着物が干してあるんですが(汗))

中高生の頃愛してやまなかったデヴィッド・ボウイ様の一大レトロスペクティブ・回顧展ですね、行ってきました。

ロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館企画で世界を回ってきた展覧会の日本上陸です。http://davidbowieis.jp/

洋楽ゴコロが目覚めたころレッツ・ダンスの大ヒット後で、ある時アメリカ出張から帰ってきた父親が束で買ってきた

たくさんのLP(懐かしい響き)の中にひときわ目立つギルバート&ジョージによるジャケットTonightがありました。

これホントすきだったー。

あぁ懐かしい・・・このころホントにギルバート&ジョージのアートワーク好きで真似っこした絵とか描いてましたよ。

わたしのちょっと上からわたしくらいまでの世代のアート系の子達には大人気のアーティストだったと思います。

美大時代の友人に2匹の♂ニャンズにギルバート&ジョージって名付けた人がいたくらいです。(ギルジョーはカップルだからね・・・)

(彼の目の虹彩のサイズが違ってるのは子どもの頃殴られたせいらしいですね)

さてボウイですが、もちろんわたしはレッツダンス以降世代なので

こんなメイクしてた頃のジギースターダスト時代のことはよく知らず、そういう意味でコアなファンとは言えなかったのですが

展覧会ではもちろんこの時代も厚く熱く展示されており、初めてちゃんとそのストーリーを理解するとともに

彼がシャイであるが故に仮面を必要した結果のパフォーマンスの数々であったことなどを興味深く理解できました。

わたしが超好きなオスカー・シュレンマー調の衣装を着てクラウス・ノミとパフォーマンスしてるの見て興奮したり

(エイズ死亡の著名人第一号と言われているノミ、あらためて見るとキョーレツ・・・)

とうぜんV&Aらしく数々のデザイナーによって作られたカッコよくもキョーレツな衣装たくさんです。

アレキサンダー・マックイーンのとか仕立てが良くて超カッコいい。

そのなかでもひときわ異彩を放つ、この山本寛斎センセイのキョーレツなマント・・・。

(出火吐暴威、以前見た時も爆笑したわー)

 

他にボウイの描いた絵コンテやドローイングなんかも初めて見て多才さをあらためて実感。

彼ちょっと広告代理店でも働いたことがあるらしく、勝手に親近感w

自分のMVのコンテ描いてます

セットデザインも描いてる。

 

また彼がヤク浸りから身をきよめるためにドイツ滞在していた頃のコンサートが

ベルリンの壁を崩壊させるパワーの一因になった話などサイドストーリーもいろいろ興味深く知ることができ、

会場に流れる、大好きなアルバムSTATION to STATIONからの曲などを聞きながら

気持ちが多感だったあのころに戻り、ザワザワしっぱなしの展覧会でした。

カタログとノート買っちゃったけど、エコバッグはなんとか思いとどまった・・・。

最近は展覧会のグッズが充実していて気をつけないと散財しそうになりますw。

 

1 2