toggle
Apr 25, 2017

Mと、ムーミン バレエ。

うららかなよいお天気だった週末、

ハモンさんの奇跡の洗濯板ショットがまたまた撮れてゴキゲンの飼い主です。

(いいお天気ねぇー・・・)

(ふあーーーーーーーーーーーーー・・・)

(キリッ)

ところで、ハモンの下からのアオリショット見ていて、誰かに似ているなーと思っていました。

(pinterestより)

この人ですよ。Mイギリス情報局秘密情報部MI6の局長Mです。

ってジュディ・デンチですけど、マリーゴールド・ホテルにいようがエリザベス1世だったとしても

飼い主の中では007シリーズのこの姿しか思い浮かびません。

彼女は実在の1992年から1996年まで実際にMI5の長官だったステラ・リミントンに基づいている設定だそうですね(wikiより)

記憶喪失かと思うほど見たこと忘れては Amazon Fire TVでリピしまくった「スカイフォール」

17年ほどの任務から殉職してしまったのが残念です。

 

おっと、映画でも小説でもスパイものが大好物の飼い主がこの辺の話をし始めたら長いので、

それはまたの機会にする(え?)として今日はこちらのレポをさらりと。長くないですよ

Mつながりです、ムーミン。Moomin、です。くどいですね。

つい昨日のことですが、来日中のフィンランド国立バレエ団の2つのプログラムを観に行きました。

北欧ガラ+たのしいムーミン一家 ~ムーミンと魔法使いの帽子~です。

そして、このムーミンバレエの演目はなんと世界初演とのこと。

(オーチャードホール・フィンランド国立バレエ団来日公式ページより)

正直 怖いもの見たさでチケット取ったけど、着ぐるみバレエはあんまり得意じゃないかなぁなんて思ってて

前回のKバレエ・ピーターラビット見に行った時は盛大にしのごの言ってたんですが、

なんと2回目にして慣れてしまったのか、素直に笑ったりカワイイーー、なんて

会場のホンワカした空気に同調出来ましたんですよ!

(前半の北欧ガラが色んな意味でディープすぎたせいもあるかな・・・)

だって・・・ ミィも踊る!ホントにキュートでこの日の飼い主的MVPです。

(オーチャードホール・フィンランド国立バレエ団来日公式ページより)

ムーミンママなんて高速パドブレしてましたよ。

(オーチャードホール・フィンランド国立バレエ団来日公式ページより)

スナフキンだって踊る!

(オーチャードホール・フィンランド国立バレエ団来日公式ページより)

女子はみんなトウシューズでポアントに立つんですよ!

足先まで着ぐるみでポアントに立てるなんて踊る側からしたらかなりタフ・・・。

正直ストーリーとかよく覚えてないんですが、そんなのもういいんです。楽しみましたから。

欲をいえば、ミィはキャラクターが振付にもかなり反映されているのですが

ムーミンたちはそこのところ難しいのかな?わりとふつうのバレエ的で、

そこがもっと魅力的になるといいのになーと思いましたけど。

キャラクター好きでもないオトナが何度も見たくなるって感じではありませんでしたが、

会場は平日夜にもかかわらず、お子様連れも多数でほぼ満席

近年バレエ公演は集客に苦労している公演が多いのだけど

フィンランドでの公演やリハーサルで、ムーミンが踊る画像や映像が

SNSを中心に拡散されバズっていたり、良い宣伝活動が出来ていたのだと思います。

会場限定ムーミングッズは週末公演を経てほぼ完売で、ムーミン人気を実感しましたよ。

って、まったくもうひとつのプログラムの北欧ガラには触れませんでしたけど、

フィンランドでは情熱的・官能的・アクロバティックなバレエが好まれるのかのぅ・・・といった印象です。うぅむ。

ヨルマ・ウオティネン振付の「悲愴」、こちらも日本初演でしたが

スキンヘッドにパンダメイク&白いヒラヒラのスカートをはいた、ムーミン谷のお仲間のようなダンサーが

ニョロニョロのような動きを見せるソロ演目。これは興味深く良かったですねー。

というわけで、しつこくこの2人の写真をくらべて終わりたいと思います。

(うるさいわねぇ、もうねむいの・・・)

(telegraph.co.ukより)

Apr 19, 2017

生活不必需品

 

いつも通り、導入はタイトルとは何の関係もないニャンコ生活です。

だってネコブログですからw

(ふ、・・・ふ、)

(ふあああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ)

キターーー!この口内の洗濯板みたいなのを撮りたくて

ずーっと狙ってたんですけど、苦節6年あまり、ついに撮影成功!(ちょっとボケ気味だけど)

(アクビが好きなの?変わってるわねぇ・・・)

iPhoneで動いているネコの写真撮るのって、けっこう大変なんですよっ!

さて。今日は先日展示会オープニングにお招きいただき、表参道のGYREで見てきた

オサレな漆器をはじめとしたインテリアグッズのお話です

これらは、映像を中心にしたインタラクティブ・クリエイティブを本業として制作している会社wow

bluevox!という新しいプロジェクトとして作ったハイエンドな生活雑貨たち。

彼らは「生活不必需品」と呼んでいますが、

まさに「必要」を満たすだけならこんなに手間のかかる行程や美しいフォルムは「不必要」なわけで。

これらは卓越した職人技をもちながら生かす方法を探していたアルチザン達

彼らのしあわせな出会いの結果、とのことです。

“2015年に始動したプロダクトレーベル「BLUEVOX!」は、WOWがビジュアルデザインで培ってきた

3Dデータにおけるフォルムや質感、ライティングなどのこだわりや技術を、

実在のモノに落とし込んでいくプロジェクト。http://www.bluevox.tokyo/

使うことの出来るアート、なのでサラリーマンの飼い主にはなかなか手の出ないお値段なんですが

この器は所有する以前に、造ってるということ自体がうらやましかったな

わたくしグラスなら「うすはり」とか、お皿ならmudとか、

とにかくフチが薄いものマニアなんです。なので、この漆器は激ツボで。

他に照明やクラッチバッグ、この椅子ほんとに座れるんですか??

究極のシンプル椅子、などなどが展示されていました。

(bluevox!サイトより)

自分の美意識にあった生活雑貨にかこまれて暮らしたいと思うものの、

すべてをそうしたものでそろえるのはオーディナリーピープルにはなかなか難しいので

一品豪華主義をかなえてくれる出会いをつねに模索中ってとこですかねー。

Apr 18, 2017

ホームステイ訪問

先日、義両親宅でホームステイ中のジョニーを訪ねてきました。

忘れられているかとドキドキしながら ”ジョニー、元気だった?”と声をかけたら

”ニャー!”と返事してくれましたーよかった!

しかし、もともと要求がある時以外はなかなかカメラ目線をくれない彼ですから・・・

ジョニー、ジョニー!こっち向いてー写真撮らせてー!

(うるさいのが来たな・・・)

まぁそう言わずにお願いしますよ。

コッチ見てーーー!

(ゴハン食べたばっかで眠いんだよね・・)

ちょっとアンニュイなジョニーさんしか撮れませんでした・・・

 

基本オトコ好きで我が家でも飼い主♂にベッタリのジョニーは、こちらでも義父にベッタリ

義母も朝ごはんコールで叩き起こされるのを嬉しそうに話してくれましたよ。

 

次は迎えに来るからねー!!

Apr 11, 2017

桜見物

(いつまでもゴロゴロしてるから征服してやったのよ。早くしてね)

ニャンコの朝の日課、ごはんコール。乗っかられたら起きられないよー。

(まちくたびれて眠くなってきちゃったわ・・・)

いいからどいてくださいよ・・・

毎年恒例ですが、昨日すべりこみでランチお花見してきました。

もう満開の花から葉桜へと移行しはじめたようで、今日の雨でだいぶ散ってしまうだろうなぁ。

でもここ千鳥ヶ淵の桜は、1度見ただけでもものすごく満足度高いので

今年コレだけしか見られなかったけどおなかいっぱいですー。

 

ところでいっしょに花見に行った同僚たちと

なぜ桜の花の命はとびきり短いのかについてあれこれ話し合っていました。

ニンゲン女子をたとえて「花の命は短くて」などと揶揄しますけど、桜は毎年咲くよね。

もちろん花が咲くのは実を結ぶためで、ほ乳類もある意味そこはいっしょですけど

毎年ルックスが再生するのって、ウラヤマシイじゃないですかw。

植物にとっても花を咲かせて結実させるというのはなかなか体力のいることらしく

諸説あるようですが、桜はいっせいに咲いて昆虫をいっきにおびき寄せ、受粉したらすぐ散ることで

体力消耗をふせいでいるっていうのなんとなく納得。

(ネコはなにもしなくてもカワイイの。)

うんうん、そうですねーーーーーー

Apr 3, 2017

ホームステイ

まん丸目な夜のジョニーさん。飼い主の大好きな表情です♡

でも、こんなキャッツアイの昼間ももちろん親バカ的には可愛いんですけどね。へへ

 

さてさて

そのジョニーはここのところ、義両親宅にホームステイしております。

正直、超甘えん坊の彼がいないのはさみしくてしかたないんですが、ハモンとの関係が悪化しており

その八つ当たりも激しいので、しばらく悩んだ結果ひとまずこの中年兄妹を初めて離してみることに。

結果は今のところとても良好に進んでいるようです。どちらも穏やかに過ごしていて

もとからたびたび預けている義両親宅はジョニーにとっても居心地がよいよう。

孫をあずかっている夏休みのおじいさんおばあさんのごとく、義両親もよろこんでおります。

とはいってもやっぱり彼はウチの子なので、来週当たり様子を見に行ってGWまでには戻したいと考えている

ジョニハモ家の近況でした。

1 2 3 4 5 6