toggle
Apr 25, 2017

Mと、ムーミン バレエ。

うららかなよいお天気だった週末、

ハモンさんの奇跡の洗濯板ショットがまたまた撮れてゴキゲンの飼い主です。

(いいお天気ねぇー・・・)

(ふあーーーーーーーーーーーーー・・・)

(キリッ)

ところで、ハモンの下からのアオリショット見ていて、誰かに似ているなーと思っていました。

(pinterestより)

この人ですよ。Mイギリス情報局秘密情報部MI6の局長Mです。

ってジュディ・デンチですけど、マリーゴールド・ホテルにいようがエリザベス1世だったとしても

飼い主の中では007シリーズのこの姿しか思い浮かびません。

彼女は実在の1992年から1996年まで実際にMI5の長官だったステラ・リミントンに基づいている設定だそうですね(wikiより)

記憶喪失かと思うほど見たこと忘れては Amazon Fire TVでリピしまくった「スカイフォール」

17年ほどの任務から殉職してしまったのが残念です。

 

おっと、映画でも小説でもスパイものが大好物の飼い主がこの辺の話をし始めたら長いので、

それはまたの機会にする(え?)として今日はこちらのレポをさらりと。長くないですよ

Mつながりです、ムーミン。Moomin、です。くどいですね。

つい昨日のことですが、来日中のフィンランド国立バレエ団の2つのプログラムを観に行きました。

北欧ガラ+たのしいムーミン一家 ~ムーミンと魔法使いの帽子~です。

そして、このムーミンバレエの演目はなんと世界初演とのこと。

(オーチャードホール・フィンランド国立バレエ団来日公式ページより)

正直 怖いもの見たさでチケット取ったけど、着ぐるみバレエはあんまり得意じゃないかなぁなんて思ってて

前回のKバレエ・ピーターラビット見に行った時は盛大にしのごの言ってたんですが、

なんと2回目にして慣れてしまったのか、素直に笑ったりカワイイーー、なんて

会場のホンワカした空気に同調出来ましたんですよ!

(前半の北欧ガラが色んな意味でディープすぎたせいもあるかな・・・)

だって・・・ ミィも踊る!ホントにキュートでこの日の飼い主的MVPです。

(オーチャードホール・フィンランド国立バレエ団来日公式ページより)

ムーミンママなんて高速パドブレしてましたよ。

(オーチャードホール・フィンランド国立バレエ団来日公式ページより)

スナフキンだって踊る!

(オーチャードホール・フィンランド国立バレエ団来日公式ページより)

女子はみんなトウシューズでポアントに立つんですよ!

足先まで着ぐるみでポアントに立てるなんて踊る側からしたらかなりタフ・・・。

正直ストーリーとかよく覚えてないんですが、そんなのもういいんです。楽しみましたから。

欲をいえば、ミィはキャラクターが振付にもかなり反映されているのですが

ムーミンたちはそこのところ難しいのかな?わりとふつうのバレエ的で、

そこがもっと魅力的になるといいのになーと思いましたけど。

キャラクター好きでもないオトナが何度も見たくなるって感じではありませんでしたが、

会場は平日夜にもかかわらず、お子様連れも多数でほぼ満席

近年バレエ公演は集客に苦労している公演が多いのだけど

フィンランドでの公演やリハーサルで、ムーミンが踊る画像や映像が

SNSを中心に拡散されバズっていたり、良い宣伝活動が出来ていたのだと思います。

会場限定ムーミングッズは週末公演を経てほぼ完売で、ムーミン人気を実感しましたよ。

って、まったくもうひとつのプログラムの北欧ガラには触れませんでしたけど、

フィンランドでは情熱的・官能的・アクロバティックなバレエが好まれるのかのぅ・・・といった印象です。うぅむ。

ヨルマ・ウオティネン振付の「悲愴」、こちらも日本初演でしたが

スキンヘッドにパンダメイク&白いヒラヒラのスカートをはいた、ムーミン谷のお仲間のようなダンサーが

ニョロニョロのような動きを見せるソロ演目。これは興味深く良かったですねー。

というわけで、しつこくこの2人の写真をくらべて終わりたいと思います。

(うるさいわねぇ、もうねむいの・・・)

(telegraph.co.ukより)

Apr 19, 2017

生活不必需品

 

いつも通り、導入はタイトルとは何の関係もないニャンコ生活です。

だってネコブログですからw

(ふ、・・・ふ、)

(ふあああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ)

キターーー!この口内の洗濯板みたいなのを撮りたくて

ずーっと狙ってたんですけど、苦節6年あまり、ついに撮影成功!(ちょっとボケ気味だけど)

(アクビが好きなの?変わってるわねぇ・・・)

iPhoneで動いているネコの写真撮るのって、けっこう大変なんですよっ!

さて。今日は先日展示会オープニングにお招きいただき、表参道のGYREで見てきた

オサレな漆器をはじめとしたインテリアグッズのお話です

これらは、映像を中心にしたインタラクティブ・クリエイティブを本業として制作している会社wow

bluevox!という新しいプロジェクトとして作ったハイエンドな生活雑貨たち。

彼らは「生活不必需品」と呼んでいますが、

まさに「必要」を満たすだけならこんなに手間のかかる行程や美しいフォルムは「不必要」なわけで。

これらは卓越した職人技をもちながら生かす方法を探していたアルチザン達

彼らのしあわせな出会いの結果、とのことです。

“2015年に始動したプロダクトレーベル「BLUEVOX!」は、WOWがビジュアルデザインで培ってきた

3Dデータにおけるフォルムや質感、ライティングなどのこだわりや技術を、

実在のモノに落とし込んでいくプロジェクト。http://www.bluevox.tokyo/

使うことの出来るアート、なのでサラリーマンの飼い主にはなかなか手の出ないお値段なんですが

この器は所有する以前に、造ってるということ自体がうらやましかったな

わたくしグラスなら「うすはり」とか、お皿ならmudとか、

とにかくフチが薄いものマニアなんです。なので、この漆器は激ツボで。

他に照明やクラッチバッグ、この椅子ほんとに座れるんですか??

究極のシンプル椅子、などなどが展示されていました。

(bluevox!サイトより)

自分の美意識にあった生活雑貨にかこまれて暮らしたいと思うものの、

すべてをそうしたものでそろえるのはオーディナリーピープルにはなかなか難しいので

一品豪華主義をかなえてくれる出会いをつねに模索中ってとこですかねー。

Apr 15, 2017

茶の湯展を愛でる

(ふむふむ、これがヨーヘンテンモクね)ハモンさん、そっちは油滴天目です。

(どっちでもいいわ・・・これゴハン皿じゃないの?)重要文化財ですよ!

(いいから遊んでよね)う、うん、書き終わったら・・・。

踊ったり観劇したりが人生のヨロコビの飼い主には、もうひとつ、

茶道という超ほそぼ〜そ続けている10年来の趣味があります。

そのわりには侘びて寂びた茶道具だけを見に行くのがなんだかめんどくさく

茶人のおばあさまたちとガラスケース前で鼻つき合わせて見るのもすごくめんどくさく

今まであまり展覧会には行っていなくて・・・。

それに茶道具はルックス的に地味なものが多いので、その道具の持つストーリー心惹かれないと

自分のキモチ的に感じるものがないなぁなんてナマイキなことも思ってました。

でもそれって茶人的には若気の至り、タダの経験不足だったってことなんですよーー。

今回その重い腰を上げた理由のひとつは、あちこちの名茶碗を一堂に会させ茶の湯の流れが

系統だって見られるグレートな展覧会が始まったから。

長年ガサツでグータラきわまりないお稽古をしていて先生にご迷惑をかけまくってきたのですが

さいきんかなり反省してちょっと難しいお点前に精進中、いっきに興味が高まってきたんどす。

これも経験に導かれた欲求ってことで、ついにオトナの階段のぼったみたいです。

てことで、今日は東京国立博物館 /トーハク(これ自分たちで言ってるのがどうも・・・)

4/11からスタートした茶の湯展暑苦しく語りたいと思います。

こちら、もちろん茶碗だけじゃなく茶の湯で使われるあらゆるもの、その国宝・名品が大集合です。

しかし、これがまたおそろしくイケズな展覧会でしてね・・・

会期の間、期間限定で展示されるもののなんと多いことか。

しかもそれらは絶妙に期間をずらして展示されるため、少なくとも4回は会場に行かねば

話題のアレコレを見ることが出来ないようになってるんですよっ。

しかも中には10日あまりしか展示しないものまで。やるわね、トーハク

行かれる方はこちらのリストに目を通し、スケジュールチェックすることをおススメしますよー。

なにはともかくまずは前期の期間限定な目玉のひとつ、国宝「曜変天目・稲葉天目」

世田谷の静嘉堂文庫美術館が所有しており、1~2年にいっぺん公開するので見たことがあるのですが

ものすごく異次元に連れていかれます!吸い込まれるような美しさに心奪われます!

(曜変天目茶碗を上から見たところ。静嘉堂文庫美術館HPより)

おもわずご観覧中のご年配と顔がくっつきそうになっても気にならない、この写真の100美しさです。

焼きの過程の偶然で生まれたその輝きは、よく小宇宙にもたとえられており

とてもこの中に抹茶入れて茶筅シャカシャカ振って点てるなんて想像もつかないですわ。

これを美しく思う気持ちは、自然への畏敬の念にも似たものを感じます。

こちら5/7までなので熱く語ったものの、見逃しても静嘉堂文庫では見る機会あると思うのでご安心を

他にこの仲間の重要文化財・油滴天目茶碗は2点出ておりますが、これらは通期です。

(油滴天目茶碗。展覧会図録より)

その油滴天目もこの写真の1000倍美しいんですが、こちらはこの螺鈿の天目台を見ていただきたいですっ。

天目茶碗というのは、この天目台がついて初めて一人前なのですが

今まで知っていたのはストイックな黒一色のものだったので驚きました。

他に白天目すばらしい志野焼やらの茶碗、マエストロ長次郎の素晴らしき楽茶碗たちなどが

長い年月を経て割れずにここに存在している奇跡に感謝したくなります。

とりわけ、よく見なければ地味の極みの楽茶碗なのですが

長次郎の楽茶碗はホントに味わいが違う。とくに赤楽茶碗の景色のよさと言ったら・・・!

そして長い年月をかけて人々が使ってきた、名物のもつパワーがみなぎっているんです。

お茶碗は使うことによって育つことをマジで実感

(展覧会図録より赤楽茶碗「無一文」。期間限定です)

あぁー・・・こんなすっとぼけた写真じゃぜんぜん良さが伝わらない・・・。

ちなみにお茶人の方々が釉薬・胎土が美しく模様を描いて、何かの風景を想像させるような茶碗のことを

景色がよいと褒めるのを聞いて感銘を受け、いつか言ってみたかった・・感無量です(そこ?)。

こちらも景色がよいですなぁ。(黄天目・珠光天目。展覧会図録より)

今回強く思ったのは、写し(コピーのことです)でない、茶碗をはじめ棗や茶入・茶杓・茶壺など

人の手がお点前と喫茶を通してふれるものは

歴史上の人たちがじっさいこれを手にした、彼らの手の大きさなどをリアルに想像して

怖いほどその存在を感じてしまいました。

信長や秀吉がこれに触れたのだとか思ったらかなり興奮するじゃないですか!

(展覧会図録より、信長・秀吉・家康が所有した唐物茶壺「松花」。期間限定)

利休が使ったこの茶碗と茶杓で秀吉が薄茶をのむ、とか興奮しますよねっ?

これがいわゆる鑑賞するための美術品たちとはおおきく違うところだなぁと感じ入りながら鑑賞しました。

全体の展示概要は、12世紀に中国から渡来した喫茶足利義政の時代に権力者の間で一気に広まり

千利休の時代に侘び茶が大成します。利休の死後、独特の美意識をもつ織部の時代を経て

やがて「きれいさび」と呼ばれる平安時代の公家の茶風への復興などがあらわれ、

仁清を代表とする典雅な茶道具が登場し、いっきに華やかな側面も見せるようになりました。

その流れが実にわかりやすく、茶道を知らない人たちにはもちろんのこと

私のような勉強不足モノにもとても興味深い展示でしたね。

この後半で、仁清のそれはそれは美しく典雅な茶壺が展示されていて

ここまでのところ、自然の土の色と釉薬の色ばかり見て来たのに

突然現れた極彩色とも言える華やかさで、思わず目を奪われ惹きつけられましたよ。

(あぁこれも写真じゃ伝わらない。仁清の「色絵若松図茶壺」展覧会図録より)

とはいえ、やっぱり侘び寂びのもつストイックさ明鏡止水、心を落ち着けられるのが

日本の茶道のよさだと思うわたしは利休好みが好きだなぁ、と思うにいたっては

さらにオトナの階段をのぼったのかもしれません。

その後、幕末から明治にかけて大名家や旧家から流出した茶道具

数寄ものの実業家が収集して一大コレクションを築き上げました。

そのコレクションの代表的なものも4期にわけて公開されています。

今期は藤田香雪・関西の大実業家のコレクションですが、この方もそうとう茶道具にとり憑かれていたようです。

逸話として、長年探していた香合がようやく手に入ったことを晩年の病床で聞き

それはそれは嬉しそうに、”そうか・・・手に入ったか・・・ガクッ”。

思い残すことないってそんなー!とか解説聞きながら思わずツッコミましたけど。

(交趾大亀香合。展覧会図録より)

これがその香合なんですけどね。えーいいけどそこまで?まだまだわたくし修行が足りぬようです。

最後にオーディオガイドについてですが、時間にかなりゆとりのある方は借りても楽しめると思います。

ただ、膨大な展示物を解説聞きながらのんびり見ていると、めっちゃ時間かかります

ふつうのナレーションと落語家の春風亭昇太さんがダブルで話しているのもあるのかな。

その良さもあるんですが、掲出されてる解説読むだけでもけっこう理解出来ると思います。

さらに図録買えば鬼に金棒。

図録+油滴天目の茶碗型カード買いました。型抜きが愛せるー。

それと解説のボーナストラックで、有名な古典落語「茶の湯」を昇太さんが披露しています。

が、時間なくてゆっくり聞いてられなかった・・・

ともかく(これでも)気になったポイントだけ感想書きましたが、

ホントはへうげもの・織部のことも書きたかったし(織部の茶室が再現されてます)、

茶杓とか唐物とか歴史とか流派のこととか細かく書くとこの3倍くらいかかりそうです

ホント今回の良さは端的に伝えるの難しいなぁ。

(ただ話が長過ぎるんじゃないのぉー?先に寝るね。)

 

Apr 11, 2017

桜見物

(いつまでもゴロゴロしてるから征服してやったのよ。早くしてね)

ニャンコの朝の日課、ごはんコール。乗っかられたら起きられないよー。

(まちくたびれて眠くなってきちゃったわ・・・)

いいからどいてくださいよ・・・

毎年恒例ですが、昨日すべりこみでランチお花見してきました。

もう満開の花から葉桜へと移行しはじめたようで、今日の雨でだいぶ散ってしまうだろうなぁ。

でもここ千鳥ヶ淵の桜は、1度見ただけでもものすごく満足度高いので

今年コレだけしか見られなかったけどおなかいっぱいですー。

 

ところでいっしょに花見に行った同僚たちと

なぜ桜の花の命はとびきり短いのかについてあれこれ話し合っていました。

ニンゲン女子をたとえて「花の命は短くて」などと揶揄しますけど、桜は毎年咲くよね。

もちろん花が咲くのは実を結ぶためで、ほ乳類もある意味そこはいっしょですけど

毎年ルックスが再生するのって、ウラヤマシイじゃないですかw。

植物にとっても花を咲かせて結実させるというのはなかなか体力のいることらしく

諸説あるようですが、桜はいっせいに咲いて昆虫をいっきにおびき寄せ、受粉したらすぐ散ることで

体力消耗をふせいでいるっていうのなんとなく納得。

(ネコはなにもしなくてもカワイイの。)

うんうん、そうですねーーーーーー

Apr 9, 2017

映画館でバレエ・その2

映画館でバレエ・その1があったからには、とうぜんその2があるわけでして・・・しつこくてスミマセン。

(えーまたやたら長いやつー?ネコの話はぁー?)

それはまた今度ね!

ここ数年、英国ロイヤルバレエ団は、本拠地ロンドンのロイヤルオペラハウスで上演される公演を

ほぼ同時に世界各地に配信するライブビューイングを定期的に行っています。

日本は時差があって結構なタイムラグが生じてしまうため、この映像を中継としてではなく1週間ほど上映しています。

ライブでなくても最新の舞台映像振付家や作曲家、ダンサーなどのインタビューなどにより、

作品への理解を深めながら観られるというのは

ふだんバレエやオペラを観ない人たちにも、観劇LOVERたちにもよい企画だなぁと思います。

全国の主要なTOHOシネマズで展開するロイヤルバレエ・シネマシリーズとして展開されており

インタビューも舞台上のモノローグなど全部字幕がつきますので、

I am poor at English な飼い主でもバッチリです。ホント、ありがたいわぁ〜

http://tohotowa.co.jp/roh/

で、今回はそのひとつ、「ウルフ ワークス」です

この演目は、英国ロイヤルバレエ団の常任振付家であるウエイン・マクレガー

イギリスの代表的な作家のひとり、ヴァージニア・ウルフを題材にして初めて長幕に挑戦したもの。

2年前のワールドプレミア時はその革新性に大きな話題となり、数々の賞に輝いた作品で、

今年の年明けに再演があり、そのライブビューイング映像が上映されました。

飼い主は、2年前の初演時にシルヴィ・ギエムの引退公演を観るためにロンドンに行っており、

ちょうどロイヤルバレエのシーズン中ならロイヤルオペラハウスでいくつか観劇しないともったいないな、と

チケットを取った公演のひとつが、このウルフ ワークス。

ウエイン・マクレガーってかなり先鋭的な舞台作りをする印象だけど三幕モノとかってどうなんでしょう、大丈夫かな、と

杞憂したのはアホかと思うほど衝撃的な感銘を受け、もういちど観たいと焦がれていた作品です。

それが初演主要キャストはそのままで観られるとあっては興奮をおさえられません!

というのもロイヤルバレエの看板ダンサーたち大量投入のめっちゃ豪華なキャストにプラス、

一度は引退して伝説化するほどの女優ダンサー アレッサンドラ・フェリが、

ヴァージニア・ウルフ役でゲスト出演してるんですよ!ハァハァ

公式サイトより©Tristram Kenton

この作品はヴァージニア・ウルフの小説「ダロウェイ夫人」「オーランドー」「波」の3つをベースに

彼女のエッセイ・手紙・日記など私生活をおりまぜて展開されています。

1幕目はダロウェイ夫人(スートリーはコチラ)をベースにした” I Now, I Then”.

公式サイトより©Tristram Kenton

シンボリックな舞台美術とともに

小説ダロウェイ夫人の登場人物たちと、ウルフ自身とその夫や元恋人、友人などが交錯し、物語を紡ぎます。

そのなかで、フェリの存在感はもちろんのこと、なんといってもお気に入りはこの人エドワード・ワトソン、

 病んだ役をやらせたら天下一品ですっ!最高。

不思議の国のアリスのウサギ役も好きなんですけどね

(エドと、日本人プリンシパルの高田茜さん)公式サイトより©Tristram Kenton

エドは戦争による神経症に苦しむ元義勇兵を、個性あふれる演技と高い身体能力で見せてくれました。

また、ダロウェイ夫人と、若い時代のウルフが行き来するようなベアトリス

ダロウェイ夫人の親友サリーと、私生活でウルフと同性愛関係にあったと言われるヴィタが混じりあうフランチェスカ

ふたりの瑞々しさがフェリの成熟感といい対比で、まさに-Now and Then –今そしてこれからを象徴していたと思います。

2幕はオーランドー(ストーリはコチラ)をベースにした ”Becoming

1幕とはうって変わって光・レーザーを駆使した照明の中、性と時空を超越してしまった青年貴族のオーランドーになぞらえて

大勢のダンサーたちが近未来感あふれる衣装やメイクをまとい、息もつかせぬすさまじい超絶技巧を繰り広げます。

公式サイトより©Tristram Kenton

いったいみんな関節どこにあるの???

いやー、すごかったのなんのって・・・ホントに息をつめて観すぎて呼吸困難になったんですよー。

なかでも強いテクニックと身体能力が、コンテンポラリーな振付に実に素晴らしくいきるオシポワが圧巻です。

初演では超絶テクニックを誇るマックレー先輩ですら霞みそうな勢いでしたが、

今回は良いバランスで拮抗したパートナーとなって、ペアとしても見応えありました。

(初演時のパンフレットより、オシポワとマックレーのリハーサル風景。どうなってるんだね、このカラダ)

サラ・ラムも強靭な一面を見せ、演劇的なロイヤルバレエダンサーたちの

テクニックの底力も見せつけられた幕でしたね。

初めてこの舞台を観た時に、もうこの幕が終わる頃は斬新なクリエーションの洪水に興奮し、

その創造性にたいして飼い主の脆弱なCPUが処理しきれないようで、幕間は震えが止まりませんでしたよー。

3幕は「波」をベースにした“Tuesday”

世界一美しい遺書とよばれるウルフの遺書のモノローグから始まり、波の映像が流れます。

マクレガーによれば、このタイトルはその遺書の最初の言葉からなんだそう。

え?ちゃんとTuesday聞こえてたかって?もちろんわかっていませんでしたとも(涙)

公式サイトより©Tristram Kenton

波の音が流れ、波打つ様子や海の底を感じさせ、それに身をまかせるようなムーブメントは

「波」は非常にポエティックで抽象的だ、とマクレガーが言っていることをそのまま体現しているよう。

また入水自殺したウルフの心情も現しているのだと思います。

そしてロイヤルバレエスクールの子どもたちから、ソリスト、プリンシンパルまでが

そのムーブメントを一体となってユニゾンしている光景は、素晴らしいフィナーレでした。

ところで、このフィナーレで群舞なみなさんはサンゴを模したヘッドピースのようなものをつけていたのですが、

わたくしロンドンにて舞台を鑑賞時はオペラグラス使ってなかったこともあって

ゴーグルにシュノーケルつけてたと思ってました・・・誤解が正せて本当によかったわ・・・。

いくら波だ、海だって、あの舞台美術や衣装の流れでこの認識はあんまりなので、

これからはちゃんとオペラグラス使う決心。

そして幕間はライブビューイングならではの、お楽しみコンテンツがいろいろです。

それぞれどの幕間だったかは記憶が曖昧なのですけど、フェリやサラ・ラムらダンサーのインタビューはじめ、

マクレガーそして作曲家のリヒターのインタビュー、どれも創作過程が垣間見えてとても良かった。

とくにリヒターの誰もが知っているメロディにちょっとした違和感を仕込んで感情を動かす

というのを実演していたのが、とっても興味深かったですー。

それから!ヴァイオレットおばあさま(ダウントンアビー見てない方スミマセン)が朗読をしてました!

彼女の声好きなの、嬉しかったな。

(ヴァイオレット先代伯爵夫人ことマギー・スミス。ダウントンアビーオフィシャルサイトより

ちなみに、上記の中のマクレガーの言葉の引用はコチラから。

これこの作品が好きな人は頑張って読む価値あるインタビューだなぁと思いました。

情緒的、感情的な英語が多用されてる芸術系の記事はハードル高いんですけどね

(スキンヘッドのマクレガー氏。independent.co.jpより

このインタビューの最後にマクレガーが言っている

“But I think it’s the responsibility of a big lyric opera house to offer work that is on the edge.

If they don’t, and they only present things that are easy to watch and that they know people already like,

that would kill off the art form. They have to be able to take risks.”

「人々がすでに知っているわかりやすい作品だけでなく、先進的な舞台を提供することはこのようなオペラハウスの責任であり、

リスクをとることが芸術を進化させる」ってホント大事なことだと思います。

(ちょっと意訳気味かな。いつものままだと芸術を殺してしまうのでリスクをとることが出来なきゃいけないって話ですよね)

日本だとなかなか難しいのだと思うけど。

(終わったの?)お待たせハモン、遊ぼうね。あ、目ヤニついてるよ。

 

1 2 3 4 5 6 10