toggle
Apr 9, 2017

映画館でバレエ・その2

映画館でバレエ・その1があったからには、とうぜんその2があるわけでして・・・しつこくてスミマセン。

(えーまたやたら長いやつー?ネコの話はぁー?)

それはまた今度ね!

ここ数年、英国ロイヤルバレエ団は、本拠地ロンドンのロイヤルオペラハウスで上演される公演を

ほぼ同時に世界各地に配信するライブビューイングを定期的に行っています。

日本は時差があって結構なタイムラグが生じてしまうため、この映像を中継としてではなく1週間ほど上映しています。

ライブでなくても最新の舞台映像振付家や作曲家、ダンサーなどのインタビューなどにより、

作品への理解を深めながら観られるというのは

ふだんバレエやオペラを観ない人たちにも、観劇LOVERたちにもよい企画だなぁと思います。

全国の主要なTOHOシネマズで展開するロイヤルバレエ・シネマシリーズとして展開されており

インタビューも舞台上のモノローグなど全部字幕がつきますので、

I am poor at English な飼い主でもバッチリです。ホント、ありがたいわぁ〜

http://tohotowa.co.jp/roh/

で、今回はそのひとつ、「ウルフ ワークス」です

この演目は、英国ロイヤルバレエ団の常任振付家であるウエイン・マクレガー

イギリスの代表的な作家のひとり、ヴァージニア・ウルフを題材にして初めて長幕に挑戦したもの。

2年前のワールドプレミア時はその革新性に大きな話題となり、数々の賞に輝いた作品で、

今年の年明けに再演があり、そのライブビューイング映像が上映されました。

飼い主は、2年前の初演時にシルヴィ・ギエムの引退公演を観るためにロンドンに行っており、

ちょうどロイヤルバレエのシーズン中ならロイヤルオペラハウスでいくつか観劇しないともったいないな、と

チケットを取った公演のひとつが、このウルフ ワークス。

ウエイン・マクレガーってかなり先鋭的な舞台作りをする印象だけど三幕モノとかってどうなんでしょう、大丈夫かな、と

杞憂したのはアホかと思うほど衝撃的な感銘を受け、もういちど観たいと焦がれていた作品です。

それが初演主要キャストはそのままで観られるとあっては興奮をおさえられません!

というのもロイヤルバレエの看板ダンサーたち大量投入のめっちゃ豪華なキャストにプラス、

一度は引退して伝説化するほどの女優ダンサー アレッサンドラ・フェリが、

ヴァージニア・ウルフ役でゲスト出演してるんですよ!ハァハァ

公式サイトより©Tristram Kenton

この作品はヴァージニア・ウルフの小説「ダロウェイ夫人」「オーランドー」「波」の3つをベースに

彼女のエッセイ・手紙・日記など私生活をおりまぜて展開されています。

1幕目はダロウェイ夫人(スートリーはコチラ)をベースにした” I Now, I Then”.

公式サイトより©Tristram Kenton

シンボリックな舞台美術とともに

小説ダロウェイ夫人の登場人物たちと、ウルフ自身とその夫や元恋人、友人などが交錯し、物語を紡ぎます。

そのなかで、フェリの存在感はもちろんのこと、なんといってもお気に入りはこの人エドワード・ワトソン、

 病んだ役をやらせたら天下一品ですっ!最高。

不思議の国のアリスのウサギ役も好きなんですけどね

(エドと、日本人プリンシパルの高田茜さん)公式サイトより©Tristram Kenton

エドは戦争による神経症に苦しむ元義勇兵を、個性あふれる演技と高い身体能力で見せてくれました。

また、ダロウェイ夫人と、若い時代のウルフが行き来するようなベアトリス

ダロウェイ夫人の親友サリーと、私生活でウルフと同性愛関係にあったと言われるヴィタが混じりあうフランチェスカ

ふたりの瑞々しさがフェリの成熟感といい対比で、まさに-Now and Then –今そしてこれからを象徴していたと思います。

2幕はオーランドー(ストーリはコチラ)をベースにした ”Becoming

1幕とはうって変わって光・レーザーを駆使した照明の中、性と時空を超越してしまった青年貴族のオーランドーになぞらえて

大勢のダンサーたちが近未来感あふれる衣装やメイクをまとい、息もつかせぬすさまじい超絶技巧を繰り広げます。

公式サイトより©Tristram Kenton

いったいみんな関節どこにあるの???

いやー、すごかったのなんのって・・・ホントに息をつめて観すぎて呼吸困難になったんですよー。

なかでも強いテクニックと身体能力が、コンテンポラリーな振付に実に素晴らしくいきるオシポワが圧巻です。

初演では超絶テクニックを誇るマックレー先輩ですら霞みそうな勢いでしたが、

今回は良いバランスで拮抗したパートナーとなって、ペアとしても見応えありました。

(初演時のパンフレットより、オシポワとマックレーのリハーサル風景。どうなってるんだね、このカラダ)

サラ・ラムも強靭な一面を見せ、演劇的なロイヤルバレエダンサーたちの

テクニックの底力も見せつけられた幕でしたね。

初めてこの舞台を観た時に、もうこの幕が終わる頃は斬新なクリエーションの洪水に興奮し、

その創造性にたいして飼い主の脆弱なCPUが処理しきれないようで、幕間は震えが止まりませんでしたよー。

3幕は「波」をベースにした“Tuesday”

世界一美しい遺書とよばれるウルフの遺書のモノローグから始まり、波の映像が流れます。

マクレガーによれば、このタイトルはその遺書の最初の言葉からなんだそう。

え?ちゃんとTuesday聞こえてたかって?もちろんわかっていませんでしたとも(涙)

公式サイトより©Tristram Kenton

波の音が流れ、波打つ様子や海の底を感じさせ、それに身をまかせるようなムーブメントは

「波」は非常にポエティックで抽象的だ、とマクレガーが言っていることをそのまま体現しているよう。

また入水自殺したウルフの心情も現しているのだと思います。

そしてロイヤルバレエスクールの子どもたちから、ソリスト、プリンシンパルまでが

そのムーブメントを一体となってユニゾンしている光景は、素晴らしいフィナーレでした。

ところで、このフィナーレで群舞なみなさんはサンゴを模したヘッドピースのようなものをつけていたのですが、

わたくしロンドンにて舞台を鑑賞時はオペラグラス使ってなかったこともあって

ゴーグルにシュノーケルつけてたと思ってました・・・誤解が正せて本当によかったわ・・・。

いくら波だ、海だって、あの舞台美術や衣装の流れでこの認識はあんまりなので、

これからはちゃんとオペラグラス使う決心。

そして幕間はライブビューイングならではの、お楽しみコンテンツがいろいろです。

それぞれどの幕間だったかは記憶が曖昧なのですけど、フェリやサラ・ラムらダンサーのインタビューはじめ、

マクレガーそして作曲家のリヒターのインタビュー、どれも創作過程が垣間見えてとても良かった。

とくにリヒターの誰もが知っているメロディにちょっとした違和感を仕込んで感情を動かす

というのを実演していたのが、とっても興味深かったですー。

それから!ヴァイオレットおばあさま(ダウントンアビー見てない方スミマセン)が朗読をしてました!

彼女の声好きなの、嬉しかったな。

(ヴァイオレット先代伯爵夫人ことマギー・スミス。ダウントンアビーオフィシャルサイトより

ちなみに、上記の中のマクレガーの言葉の引用はコチラから。

これこの作品が好きな人は頑張って読む価値あるインタビューだなぁと思いました。

情緒的、感情的な英語が多用されてる芸術系の記事はハードル高いんですけどね

(スキンヘッドのマクレガー氏。independent.co.jpより

このインタビューの最後にマクレガーが言っている

“But I think it’s the responsibility of a big lyric opera house to offer work that is on the edge.

If they don’t, and they only present things that are easy to watch and that they know people already like,

that would kill off the art form. They have to be able to take risks.”

「人々がすでに知っているわかりやすい作品だけでなく、先進的な舞台を提供することはこのようなオペラハウスの責任であり、

リスクをとることが芸術を進化させる」ってホント大事なことだと思います。

(ちょっと意訳気味かな。いつものままだと芸術を殺してしまうのでリスクをとることが出来なきゃいけないって話ですよね)

日本だとなかなか難しいのだと思うけど。

(終わったの?)お待たせハモン、遊ぼうね。あ、目ヤニついてるよ。

 

Apr 5, 2017

映画館でバレエ・その1

この後ろ足、ナンですか?

(PCあったかくて気持ちいいの・・・)

ニャンコを尻目に3月は飼い主にとって観劇月間でしたが、観劇出来るのは劇場とTVだけではありませぬ。

てことで、セルゲイ・ディアギレフ生誕145周年記念特別上映と題して

TOHOシネマズ日本橋と梅田にて1晩限りで上映された、

パリ・オペラ座「バレエ・リュス」100周年記念公演(2009年にオペラ・ガルニエで上演)を鑑賞してきました。

(こちらTOHOシネマズでは1日限りでしたが、4/8から吉祥寺オデオンで1週間上映されるようです。)

なんだか100周年だとか145周年とかややこしいですが、グーグル先生もディアギレフのお誕生日をお祝いしてましたね。

 

1909年に設立されたバレエ・リュスは、ロシアから当時のヨーロッパのバレエ界に斬新といえる表現でムーブメントを起こし

大きな影響を与えたバレエ団、その総合プロデューサー・主宰がセルゲイ・ディアギレフ(1872-1929)です。

ディアギレフはピカソ、マティス、シャネルなどの偉大な芸術家・表現者たちとともに、新しいバレエのありかたを創造していきました。

バレエファンにはおなじみですが、そうでない人でも

バレエ・リュスの名ダンサー、ヴァツラフ・ニジンスキーの名前は聞いたことがあるかもしれませんね。

今回は、ニジンスキーとバレエ・リュスの黄金期代表作といえる「薔薇の精」「牧神の午後」「ペトルーシュカ」、

そして舞台・衣装がピカソで有名な「三角帽子」の4本立て

このそれぞれの作品の間に流れる映像も舞台同様に何層にもなっていてオシャレなんですーー。

(dailymotionより)

さて本編ですが、まず薔薇の精

舞踏会から帰ってきた少女がその日胸につけていた香り豊かな薔薇。

その薔薇の精との夢の中でのひとときを描いたロマンチック&ちょっとセンシュアルなこのストーリー、

登場人物がふたりだけなこともあるのかガラ公演でも人気演目のようで、たびたび観る機会があります。

飼い主はこの薔薇の精が、音楽も振付もだーーーーーーい好き!なのですが、

これまでこの情熱的な思いを満足させてくれる薔薇の精ナンバーワンは、ウラジミール・マラーホフ

映像があんまりよくないですが、そのアームスは匂い立つような官能感に満ちています。

他にちょっと憂いをおびて端正なオペラ座元エトワール、マニュエル・ルグリの薔薇の精

ルグリ先生はちょっと端正すぎて個性が弱いというかあまり官能的な感じがないんですが、とにかくムーブメントが美しい

他に違いのわかる男、熊川哲也氏の薔薇の精も日本人としてはめずらしいキャラクターがあって好きなんですよねー。

さて、飼い主のその狭量ともいえる理想の薔薇の精ランクにてトップクラスに躍り出たのが

今回の映像で踊っている現エトワール、マチアス・エイマン

先日のパリ・オペラ座来日公演でも、いま観るべきキャリアの絶頂期にある、と観た人々を興奮させた彼の薔薇の精は、

まさに匂い立つようなその官能感・人外の軽やかさが、映画館の大スクリーンいっぱいに映し出されて鼻血出そうに興奮しました!!!

ブラボーブラボー!マチアス!ハラショーーーー!

(思うに薔薇の精はちょっとクセの強いルックスの方がいいのかも。)

お相手のイザベル・シアラヴォラは少女と言うにはだいぶ成熟感強いですが、

あいかわらずの美しい脚が音楽を奏でる様子を堪能出来ました。引退後は観る機会がなくて残念だなぁ。

それにしても薔薇の精の衣装ってバレエ団によってまちまちで、けっこう貧相で散るところ?!みたいなものもあるのですが

さすがパリ・オペラ座、お金と手間を惜しまないその豪華さは興ざめポイントゼロでほんとにウットリしましたよ。

お次は牧神の午後ドビュッシーの美しい旋律が流れる中、ニジンスキー初めて振付をしたというこの演目は

まるで壁画から抜け出してきたような、今見てもモダンだけれど当時としてはそうとうにコンテンポラリーで

いわゆるバレエの文脈とは一線を画した斬新な踊りによって構成されています。

牧神が岩の上で葡萄を食べていると7人のニンフが現れ水浴を始める。

欲情した牧神は岩から降りニンフを誘惑しようとするが、ニンフ達は牧神を恐れて逃げ出してしまう。

ひとり残された牧神はニンフの一人が落としたヴェールを拾い上げると、それを岩に敷き、自らを慰める。”(wikiより)

マラルメの詩「半獣神の午後」をベースにしてはいるものの衝撃的なラストに、上演当時は大変物議をかもしたよう。

飼い主、ストーリーをくわしく理解せずに昔初めて見たときは、ラストはニンフに去られて牧神が悲しんでいるだけかと思いましたが

そこらへんはもしかしたら当時とくらべて表現がマイルドになっているのかもしれませんわね。

その牧神を踊るニコラ・ル・リッシュ、このちょっと粗野?な役がよく似合うのです。

日本ではあまり見る機会のないエミリー・コゼットは、たたずまいがたおやかでニコラといいコントラストのニンフ役でした。

続きまして、三角帽子。この舞台、美術・衣装ともにピカソが手がけており、たいへん興味深い演目なのですが

どうもわたくしスペイン・アンダルシアの民話がベースのストーリーのせいなのか、レオニード・マシーンの振付が肌に合わないのか

コレ見るとなぜかウトウトが止まりません!

衣装も華やかだし踊り的見どころもあるんですよ、DVDも持ってるのに最後まで通しでちゃんと見られたことがないという・・・(汗

衣装は華やかで、数年前のバレエ・リュス展を思い出させますね。

 

ジロとジョゼ(どちらもclassictoulouse.comより)

ウトウトはしてましたけど、やっぱりジョゼ・マルティネスのフラメンコ!ここは目が覚めます!

スペイン出身のエトワールでオペラ座引退後はスペイン国立ダンスカンパニーの芸術監督をつとめる彼ならでは、です。

フラメンコだけれど、バレエのもつ優美さも見え隠れする踊りはカッコいいーーー。

たいする現エトワールのマリ・アニエス・ジロ姐さんの粋なステップも大変盛り上げてくれたのに・・・。

うぅ・・・ピカソごめん

最後はペトルーシュカです。20世紀を代表する作曲家イーゴリ・ストラヴィンスキーの音楽が華やかで軽快に流れるなか、

感情を持って恋をしてしまった人形の切なく哀しいストーリーが展開され、その対比が哀れさをいっそう引き立てます

ペトルーシュカ自身は、独自の人形感たっぷりの動きを見せますが

それ以外の登場人物はロシアの民族舞踊が多用されていたり、ペトルーシュカが恋するバレリーナ・恋敵のムーア人(どちらも人形)

古典のくるみ割り人形でもおなじみのパ(動き)が散見され、ペトルーシュカの独自性が浮き立って見えるように思います。

また、この楽曲はストラヴィンスキーの代表的3大バレエ音楽のひとつですが

当時ドライで痛烈でグロテスクと酷評されたようですけど、それだけ人の琴線にふれる旋律と構成なんじゃないでしょうか。

飼い主も、聞いてると不安定さも感じるその構成に気持ちがザワつくのがたまらなく、好きです。

バンジャマン・ペッシュの濃厚な演技力はペトルーシュカ役と相性もよく、

音楽的なクレールマリ・オスタの愛らしいバレリーナとともに、人形の哀しみと恋の理不尽さを印象づけていました。

しかしムーア人の描き方が、メイクといいちびくろサンボがダメな時代にはけっこうドキドキする表現・・・。

あえて人形性を強めたメイクや乱暴さにしているのでしょうけどね。

ペトルーシュカ以外は2010年にNHKのBSプレミアムシアターで放映されたので見たことをおぼろげに記憶しているのですが、

なにせスタートが超深夜でウトウトしながら録画もせずでした。もったいなかったな・・・。

しかしなんといってもイザベル、ニコラ、ジョゼ、バンジャマン、クレールマリなど

ここ数年で引退したエトワールたちの踊る姿が大スクリーンで見られたことは嬉しかったですね〜。

オマケはハモンのベロリンちょ。

 

Mar 30, 2017

秘密基地

週末の朝、友人からお父様ご葬儀時のお香典返しがバラのマークのデパート経由で届きました。

ガサガサ言う音で駆けつけひとまずチェック

ウロウロ  ウロウロ  ウロウロ

おっ、ここにスキマが・・・!

(ここはアタシの秘密基地よーーー)

どうやら身を隠すことが出来れば、箱でなくてもよいらしいことがわかりましたw

(もう飽きてしまったわ・・・)

なんか、このハモン、奈良美智氏の描く女の子みたいじゃない?

ちょっとしたフキゲンさを持つコドモとニャンコの共通性ってところでしょうか。

(Pinterestより)

Mar 28, 2017

ひさびさの歌舞伎

春眠、暁を覚えず・・・ウトウト。気持ち良さそうだねー

そんな気持ちよく眠るニャンコたちをよそに

このあいだの週末、飼い主はひさしぶりの東銀座の歌舞伎座へ三月歌舞伎を観に行ってまいりました。

ふだんダンス系の舞台見るので経済的にも時間的にもイッパイイッパイなので

歌舞伎にまで手を出してはならぬ、と戒めており

数年にいっぺん見るかどうかの超少ない鑑賞経験のド素人なのですが、

その数少ない経験の中であまりのカッコよさにひとめぼれした片岡仁左衛門

が平知盛を演じる「義経千本桜・渡海屋 大物浦」が何やらスゴいというではありませんか。

仁左衛門サマ、かつて片岡孝夫の名前だったころ地上波によく出演されていたのでコドモの頃から時々お姿を見ておりましたが、

正直言って柔和な顔の地味なオジさんよね(ホントすみません)というくらいの印象でございました。

歌舞伎人より。(比較的最近のお姿。とても品のあるお方だと思いますよ、えぇ)

それが大人になって初めて、坂東玉三郎と共演の「櫻姫東文章」で舞台に立つ彼を見たときの衝撃と言ったら・・・!

なんだこの色気なんだこのイケメンぷり、もう脳天突き抜けましたよーーー!!!

(桜姫・権助の時のいい写真なかった・・・しかしお年を召そうが、ほっかむりしようが、にじみ出るものがあります)

その仁左衛門サマも御年73歳になります。もう今のうちにその姿拝んどいた方がいいな

人間何があるかわからないし(ホントすみません)と駆けつけました。

というわけで、この日は3演目ありまして「義経千本桜」は2番目の上演だったのですが、

まずはこの感想からスタートです。

いやもう、ほんっと観られてよかった!!!!!

ストーリーも付け焼き刃、寝坊してグシャグシャの頭のまま歌舞伎座行く電車の中で必死で調べて

やっと内容理解するくらいの適当さで臨んだんですけどね。

ストーリーは”壇ノ浦で滅亡に至ったはずの平家だが、実は平知盛は生きており平家再興を狙っている”というタラレバなお話ですが、

前半は壇ノ浦後に船宿・渡海屋の主人に身をやつし、幼い安徳帝をかくまいながら暮らす知盛のもとに

頼朝に追われて西に落ちのびようとする義経の一行がやって来たことにより戦をしかけるタイミングを伺うくだり。

気っぷが良くて色気がある主人、コレよ、この仁左衛門サマよーーー!と想定内で観ておりました。

後半わざと嵐の日の舟に乗せて戦をしかけたものの、その正体に気づいていた義経たちに返り討ちにあってしまった

知盛は、すさまじい執念・怨念の鬼と化します。

とてもこんな稚拙な文筆でその様子を表現するのは申し訳ない、口惜しい、無念、こちらも怨念の鬼になりそうなんですが続けます。

仁左衛門サマが身を削るかのように全身全霊でこの歌舞伎界屈指の大役を演じている、

その鬼気迫る迫力、筆舌につくしがたい凄みが、1階奥の2等席にもガンガン伝わってきて震えました。

なかでも全身血だらけで息も絶え絶えな中、ひりつくように乾いた喉をおさめるために

自分に刺さった矢を抜いてその血を舐める、壮絶すぎるあのシーン忘れられません。

ひぃぃ 今書いていても思い出されて怖いーーー。

この白い衣装がこのあと真っ赤に染まるのであります。(朝日ニュースより)

自身の内からにじみ出る、こういうのを至芸っていうんだろうな・・・と少ない歌舞伎経験でも感じました。

これは ”今の仁左衛門の知盛” なのでしょう。

というのも、わたしの過去観た仁左衛門サマの演技というのは感情にまかせて演じているというよりは

伝承されたものとおそらくご本人の研究の賜物から現れるというか、

たとえイナセな役であろうと知性と品が感じられるのが個性でいいなぁと思っていました。

しかしこの日観た仁左衛門サマからはもっと感情のほとばしりのようなものが感じられたのです。

はーーー それにしてもこの2時間近い演目+演者のパワーで、観ている方まで気力体力使いすぎてグッタリです。

このあとの演目、周辺の客席は帰ってしまった人たちもそこそこいたのですが、その気持ちわかります・・・

疲れて 帰っちゃってもしかたないわ、これは。

で、気持ちが落ち着いたところで他の2演目です。

1番目:「明君行状記」は明君と評判の殿様と殿様のかわいがる遅い反抗期真っ盛りの若者の、

現代にも通じるようなテンポのよいやり取りが楽しめ、亀三郎と梅玉を堪能しました。

3番目:「神楽諷雲井曲毬(どんつく)」は3回忌をむかえる故・10代坂東三津五郎の追善狂言とのことで

長男の巳之助を中心に、尾上菊五郎・中村時蔵・尾上松緑・市川海老蔵も出演し、みなが踊る楽しくて豪華な演目。

凄まじい義経千本桜のあとに江戸に暮らす人々の様子が垣間みられる陽気な舞踊を観るのは

肩のチカラがぬけてよかったですねー。

(中央:巳之助/iza.ne.jpより)

巳之助は踊りがうまいけど、「義経千本桜」で演じた相模五郎の目を惹く魅力的な演技もとても良く

華を感じる役者さんだなーとファンになりましたよ。

そしてあいかわらず歌舞伎の舞台での華とイケメンぶりが突出していて、どこにいてもすぐわかる海老蔵

彼のハマリ役「助六」を観るために夜公演のチケットも取るべきであった・・・と

ちょっぴり後悔して幕を閉じた飼い主3月の歌舞伎鑑賞でしたー。

 (ちょっと週末も出歩きすぎでウチ散らかってない?アタシそういうのイヤなのよねー)

お気に入りのキャンプマットの上でジャラシをキャッチ。

うん、確かにウチ散らかってるね・・・でもこれは飼い主♂のせいなんだけどね。

Mar 27, 2017

プレイなの?

先日のとある夜、ハモンの毛づくろいをするジョニーさん。

おぉ!ケンカばかりしてると思ったら・・・こんな姿ひさしぶり〜〜〜(T_T)

と、喜んでいたのもつかの間・・・
ココロ温まるわーいいねいいね、と言っていた1分後には・・・ガブリ

オイオイ、そりゃないだろー

(センターに動画貼付ける方法がわからんのです(汗。あとで修正しよう)

結局このあと大バトル発生

ジョニハモの不機嫌オーラは最高潮に達し、家中に不穏な空気が流れるのでありました。

・・・それにしても動画だと家の中が片付いてないのバレますねw

1 2 3 4 5 6 9