toggle
じょにはも じょにはも じょにはも
Feb 18, 2015

CHOUPETTE

 photo[4]

ニャンコを飼うようになって、何かとネコ関連グッズをいただく機会が増えてきました。

こちらは少し前の誕生日にお友達がプレゼントしてくれた、シュウ・ウエムラの限定パウダー。

もう今は販売を終了してしまっていますが、

このパウダー、絶妙なイルミ感がほどよいツヤを顔にあたえてくれて

表情がイキイキ見えるスグレもの。ハイライトがわりに重宝しています。

ところでこのシュウのパウダーについているニャンコは我が家のような庶民にあらず。

ファッション界に君臨する帝王、

カール・ラガーフェルドの愛猫シュペット嬢でございます。

今冬のカール様とシュウのコラボにより実現したスペシャルシリーズでした。

http://www.shuuemura.com/shupette/jp/#collection

karl

(fashion-press.netより)

”旅はプライベートジェットで、バッグはLVMHのCEOベルナール・アルノーのプレゼント、

2人のメイドがついていて、滞在するホテルには神経質”(Harper’s BAZAARインタビューより)

というスーパーセレブ猫のシュペット嬢は

Instagramのフォロワーも約2万人、Twitterにも4万人のフォロワーがいるそう。

ファンシーなネコグッズはかなり苦手なワタクシですが、

こういうグッズを気に留めてプレゼントしていただけるのはネコ飼い冥利に尽きますね〜。

IMG_2400 2

こちらは我が家の愛すべき庶民ニャンコ、ジョニー。

朝から平和に飼い主♀の出勤準備をジャマしつつ、ハモンのしっぽをつかまえて

ちょっと得意げです。ハモンのしっぽはフカフカだなー。

Feb 16, 2015

松と鳥

 

松と鳥(右上の松の枝にいる鳥にココロ奪われるジョニハモ)

東京のマンション暮らしからジョニハモを連れて

海近くの一軒家に越してきて初めて知ったことのひとつは、

ネコがたいそう鳥にコーフンすることでした。

前のマンションの窓からはビルしか見えないような景色だったので

興奮しながらキャキャキャと喉を鳴らす様子に、箱入りの彼らにも

野生の血が流れているのだなーと感慨深かったですw。

また春から秋ごろまでは家の中にクモもしょっちゅうお出ましになりますが

これまた彼らのかっこうのエジキ、

しょっちゅう足が少なくなってしまったクモを見かけますです(T_T)。

IMG_1556

(なかよく並んでカラスにキャキャキャ叫んでるジョニハモ)

それはそうと踊るネコ使いらしく、もうちょっと見てきた舞台のことや

展覧会のことなどもアップしていこうと思ってるのですが、

先月は能とバレエの他はNoism新作『ASU~不可視への献身』しか見られなかったなー。

Noism、彼らの身体表現の強靭さを堪能出来る

ひさびさに胸のすくようなコンテンポラリーダンスでよかったです。

そろそろまた自分もコンテ踊りたくなってきました。

Feb 10, 2015

ハムじゃないよ

訴え中small

(かまってほしくてニャーニャー中のハモンさん)

ジョニーとハモン。

名前を聞かれてこう答えると、ジョニーはごくふつうの人名だからかスルーされるのですが

ハモンはたいてい”あぁハモンセラーノね”と言われます。違うんです。

ハモンさんです。ガンダムのハモンさんですw。

(つまりJamonじゃなくてHamonなのですが、間違えてドメインをHammonにしてしまった・・・)

女だらけの家族と女子校で育ったため、ガンダムにはまったく興味のなかった私。

初めてガンダムをぜんぶ見たのは、我が家のガンダムヲタの影響で結婚してからでした。

ランバ・ラル大尉の内縁の妻というハモンさんの設定に、

コドモの見るアニメじゃなかったんかーーー?!と衝撃を受けたのでありますw。

ガンダムヲタの間では憧れのオトナの女。その名前をつけたいという飼い主♂の要望から

ちいさくて活発なルディの女の子はこうしてハモンになったのでした。

さて、ジョニーはなんでジョニーなのか。

生まれて1か月を過ぎたジョニハモをブリーダーさんのところに見に行ったのは

ちょうど2010バンクーバーオリンピックの真っ最中のころ。

IMG_0266

(後ろ足にいちばん近いのがジョニー、そのとなりがハモン。6兄弟でした)

Exif_JPEG_PICTURE(ママのおっぱいに夢中なニャンたち)

そう、すっかりフィギュアのJohnny Weirにやられた私・・・w。

img_1

アンタがハモンと名付けるなら私はジョニーの名前をつける!という後先考えない飼い主♀により、

ちょっとヘタレで甘えん坊なレッドの男の子はジョニーと命名されたのであります。

IMG_0095

(男の子っぽく撮れました)

Feb 6, 2015

ネコ歩き

IMG_0362

ニャンコスキーのバイブル、岩合さんのNHK”世界ネコ歩き”。

ネット上でもニャンコたちが興味津々にこの番組を見る様が散見されます。

ので、ある日の我が家でも試してみました。

ホントおもしろいくらい食いつくのですな!

ネコ飼いはみんな番組よりそっち見てるのがたのしいんじゃないかしら・・・

IMG_0359

(ジョニーさん、見えないよ・・・)

とはいえ、この状態が続くので番組が半分くらい見えないんですけど・・・

ワタシは我が家にニャンコを迎えるまでは全然ネコに興味のないイヌ派だったので、

毎回録画してハフハフ見るほどではないのですが、たくましく生きるニャンコたちとともに

とっても旅情をかきたてられる番組だなーと楽しんでます。次回はタイ・チェンマイ!

http://www4.nhk.or.jp/nekoaruki/

Feb 2, 2015

Lasting peace

IMG_0059

平和なジョニハモ。うららかな週末の午後のヒトコマ。

熟睡中だったハモン、たまに見かけるこの寝姿・・・ストレッチ?ジョニーはせっせとグルーミング。

日本を取り巻く状況は大変不穏な今日この頃、昨日も衝撃的なニュースがかけ巡りましたね。

人間も動物も平和に暮らせる世の中になりますように。

Jan 31, 2015

イカミミとニナミカ

photo 1

ジョニー、イカミミです。別名ヤーミミ。(←いやがってる時によくやる耳だからって話?)

ウトウトしてる時にこの状態なのがなんでなのかはよくわかりましぇん・・・。

photo 2

ハモンさんと向かい合ってウトウト。

しかしもうクッションの隅がガリガリやられてボロボロですわ。

寝室に置いてるソファも悲惨な状態だし、決まったところでしかツメ研ぎしないニャンコに

育てるにはどうしたらよかったのかしら・・・。

photo 2[1]

ところで先週、蜷川実花嬢の展覧会のオープニングに行ってきました。

原美術館のアプローチから入り口までの圧巻のお祝い花の行列はちょっとスゴかったです。

来ている人たちもおしゃれさんやかわいこちゃんがワンサカ。

ひさしぶりに行った原美術館でしたが、あの空間はやっぱりいいですねぇ。

ステンドグラス風にディスプレイされた階段の踊り場のところも好みです。

photo 1[1]

セルフポートレートのシリーズ、彼女の原点的でこちらの気持ちも

ちょっとザワザワする感じが自分の中の美大マインドを刺激された感じ。

1/24~5/10までだからけっこう会期長いですねー。

Jan 27, 2015

そこに箱があるから

箱入りジョニ

荷物が届いた時のお約束、段ボールIN。

週末の午前中は荷物もたくさん届くんで、彼らもはしゃいでおります。

とうぜん2匹のどっちが先に箱に入るかでケンカした後のジョニーのドヤ顔w。

せっかくなので窓をつくってやったらマンザラでもないご様子ですよ。

ホラージョニ

こ、こわい・・・・・・www

段ボールハウス_ハモ

早く交代しなさいよねーーーーっ(ボケてるな)

Jan 22, 2015

KARL

IMG_0100

我が家の先代ニャンコ、カール。フォーンの男の子でした。

ものすごく食いしん坊でやんちゃな愛すべきアビシニアンでしたが

5年前の今日、不治の病F.I.Pにより永眠。享年9か月。

飼い主♂が惚れこんで初めての家族になったカールは

美しい毛並みと子猫らしい愛らしさで私たちを夢中にさせたけど、

同時に私にとっては生まれて初めて動物を飼うという

その責任の重さに身の引き締まる思いがしたものです。

5年前の今日はカラッと晴れた冷たい空気が冬らしい日でした。

今でもそんな天気の冬の日には、2か月弱にわたる闘病中のカールと通った病院への道すがら

ちいさく鳴くカールの声や体温を思い出して胸がつまってしまいます。

あら、だいぶしめった内容になってしまいましたねースミマセン。

IMG_0102

しかしやっぱりシグマで撮った写真はいいですね。↑

こっちはGRで撮った方かな↓

カール大人

ところで飼い主♂が名付け親だったカールは、ここからとったとのこと(自走臼砲カール…ホントかね)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E8%87%AA%E8%B5%B0%E8%87%BC%E7%A0%B2

カールが1才の誕生日を待たずに逝ってしまったので、

ジョニーとハモンが1才になった時はホントにうれしかったなぁ。

これからも彼らが健康で楽しい毎日をおくれますように。

団子

 子猫のころはいっつもくっついて寝ていたジョニハモ。しかしこの寝相スゴイ

Jan 21, 2015

かまくら

かまくら1

うぅ寒いですー。雪が降ったりやんだりしているトーキョーです。

我が家ではふだん飼い主がいない時もおネコ様たちのためにエアコンを弱くつけてますが、

その他にふたつのネコベッドの上に電気マットをかぶせたものを設置しています。

さいきんそこに潜りこんでかまくら状態をつくるのがジョニーのお気に入り。

今朝は温暖な湘南地方ですら雪もちらつく1℃でしたから、早朝からこの状態のまま出てきませんでした。

成長とともに、どんどん知恵がついてきて本人なりに工夫するのを見るのは楽しいですね〜。

(しかしこうして見るとマットがネコ毛だらけだな・・・キタナイ)

かまくら2

こんな感じでなぜか手足とシッポの先だけ出してることもよくある・・・。

存在のアピールww?それとも手足が暑いんでしょか?

Jan 16, 2015

起きろー

起きろ

こ、こわい・・・起きます起きますゴハンにします!(目つき悪いよ、アンタたち)

我が家のニャンコたちはウエット大好きっ子たちなので

共稼ぎの飼い主がいなくてどーしてもオナカすいたときと、

ウエットとコンボで出された際うっかりバクバク食べちゃう以外はカリカリに興味ゼロ。

そのため我々がいる時は、ちょっとでもコバラがすくと催促の嵐です。

ほとんど給仕係としか思っていないよ、ゼッタイ。

しかもいっぺんにたくさんあげると相手にとられまいとガッつくあまり、

食べ終わったあとリバースしちゃうことも多々あり(-_-)ほどほどに何度かにわけてあげないとダメで、

朝も早朝と出かける直前の2サイクル。

先代の子はカリカリ好きっ子だったので、どっちもアビシニアンで環境もいっしょなのに

不思議・・・(同じブリーダーさんとこの子たちなので)

ネコの味覚がどのように形成されるのか興味深いです。

1 2 3 4 5